2009年04月17日

USBなんでもマイクロスコープ

さてさて、USBイヤースコープがなくなった後、代わりに出てきたなんでもマイクロスコープですが、いつの間にかUSBなんでもマイクロスコープ LITEになってしまいました。

前のバージョンは売り切れてしまったようですね。
USBなんでもマイクロスコープ LITEはこれから発売されるもののようで、予約商品という表示になってました。

さてさて、この道具ですが、形はこんな感じです。



右端にも貼ってあるので、まあ小さな形で。

で、どういう風に見えるかは……画像が見たくない方もいると思うので、続き以降に乗せます。

励ましのクリックをくださるとうれしいです→人気ブログランキング

nandemo2.jpg

nandemo1.jpg

こんな感じです。
白ピンクなのが肌、白黄色なのが耳垢です。

この耳垢が出た時の話を書こうとしていたのですが……すっかりまた先延ばしになってます。

じゃなくて、今はUSBなんでもマイクロスコープ LITEの話ですね。

最初はかなり見えづらいと思いますが、自分でうまく調整すると、それなりに見えるようになります。

私の耳はでかいので、これも入れながら耳かきが入りました。
もっとも匠の技サイズのものしか一緒には入りませんが。

これよりもっと……と思うのですが、ひとまず1万円以下で耳の中が見られる商品は今のところUSBなんでもマイクロスコープ LITEですね。
posted by みなと at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 過去記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サンコーのDinoLite Multiscopeって使った事ありますか?
非常に興味があるのですが、本当に耳の中きれいに見えるのですかねぇ…。
Posted by Pote at 2009年06月09日 14:17
DinoLite Multiscopeは昔のイヤースコープと違い、耳に入れる部分がないので、鼓膜とかまでは見えないかなあとは思っています。

ただ、解像度なんかは断然高いと思いますよ。形的に耳の中がストレートな人とかは中まで見えそうな気がしますが、曲がってる人とかは入口とかまでかもですね。

ちょっと買ってみるかなあ。
Posted by かおる at 2009年06月10日 20:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック